不貞行為の証拠 探偵・浮気調査相談掲示板なら日本最大級の口コミソーシャル比較サイト

  •  探偵Mナビ |
  •  チェック一覧|
口コミ比較サイト探偵Mナビ
  • 2,130店舗
  • 731口コミ
 
注目のキーワード:
探偵
浮気調査
離婚
興信所
探偵MナビQRコード
  • お気に入り追加
  • Yahoo!ブックマーク登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

不貞行為の証拠

(5)
1. 名前:不二子  投稿者居住地 佐賀県在住  モバイル  投稿日:2012/12/21 15:28

友人夫婦の話ですが相談させてください。


友人(女性)は結婚13年で子どもが4人、会社員です。ここ1年ほど旦那さんが不倫をしているようです。

旦那さんは自営の板金工で現場での仕事がほとんどです。

不倫相手は名前、住所、車、勤務先まで分かります。
仕事は母親と二人で飲食店を経営。すぐ近くにアパートを借りて住んでいます。
友人とは学校の保護者会などで顔見知りとのことです。

何度か友人が旦那さんに問い詰めたため、少し警戒している可能性はあります。
旦那さんは断固として浮気を認めません。


欲しいのは離婚裁判時に浮気を認めざるをえない決定的な証拠です。(相手への慰謝料請求も視野に入れて)

不倫相手のお店の定休日等を考慮すると、行動を起こしそうな日はある程度予想できるので、上手くいけば3〜4日で証拠をとれるのではないかと素人ながら考えております。


お聞きしたいのは以下の質問です。

@調査会社を選ぶ際、能力が高いか、信用できるか見極めのポイントはどのようなものか。

A小さな町の場合、尾行や張り込みの難易度は上がるのか。
また、ある程度土地勘のある調査会社のほうがいいのか。

B調査が証拠を掴む前に相手にばれた場合、料金はどうなるのか。


どのように調査会社を選んでいいのか、小さな田舎町なので調査員がウロウロしては周囲の人に不振がられるのではないか、と色々不安があるようです。

Bは特に調査会社で違うと思いますが、御社のご意見をお聞かせください。

専門家総合専門職GENERALIST(ジェネラリスト)  投稿者居住地 神奈川県  パソコン  投稿日:2012/12/21 18:36

はじめまして。不二子様のご相談に対して、以下返答させていただきます。

●ご質問事項@について
調査会社の見極めのポイントについては、調査能力もさることながら、やはり信用性が一番と考えます。探偵業者の中には、残念ながら、あまり真剣に調査をせずに莫大な調査費用を請求するような業者も少なくはありません。コンプライアンスを徹底し、ご依頼者様への説明・話合いの機会を多く持ち、ご依頼者様が納得のいく適正価格で真摯な調査をする会社。ご依頼者様が直接ご相談をされてみて、そういう姿勢がみられる信用性の高い会社と感じられること、これが何よりの見極めのポイントになると思います。
弊社も、直接お会いしてお話合い・ご説明の機会を持つことが調査成功への第一歩と考えております。

●ご質問事項Aについて
浮気調査の場合、不貞の現場を確実に押さえるためには長時間にわたる張込みや尾行が原則的な手法となります。そうしますと、必然的に、人や車の往来が極めて少ないような現場では調査方法に工夫が求められます。本件では、不貞をする日がある程度予想できるということですが、具体的な場所や日時をさらにお話合いによって詰めていけば、その場所の特性等を考慮した調査方法をご提示できると思います。したがって、小さな町の場合でも、現場の下見等をした上で、具体的調査時間を限定し、調査方法を駆使して工夫すれば、難易度が通常の調査よりあがる(それに伴い調査費用が跳ね上がる)ということは、ないと思われます。
なお、弊社では、調査のご相談・お見積りの段階では一切費用は生じません。具体的な調査方法を検討の上、ご依頼者様にお見積り金額でご納得いただいてから、調査を開始致します。
また、土地勘のある調査会社がいいとかという点については、弊社では、ご依頼段階でその土地について熟知していない場合でも、下見を重ね、現場及びその周辺については徹底したリサーチを行いますので、ご心配ありません。ただ、弊社以外の調査会社が現場についてどの程度リサーチするかはわかりかねますので、一般的なご返答はできません。

●ご質問事項Bについて
弊社では、調査対象者の警戒心が強い場合、状況を見極めながら、調査を細切れに行うなど、慎重な調査を行っています。そして、弊社に調査目的達成が困難になったことの帰責事由がある場合には、1日無償で追加調査を行うなどの対応をさせていただきます。詳しい内容につきましては、調査の正式なご依頼後ご契約前に、弊社約款によりご説明させていただいております。
なお、弊社では今までそのような事態になった案件はありません。

専門家エス・アール・エス探偵事務所  投稿者居住地 奈良県  パソコン  投稿日:2012/12/21 18:40

ご相談頂きありがとうございます。

ご相談内容からお答えさせて頂きます。

@の回答
 直接面談されて、相談者様が質問をメモ書きでも良いので纒められてから質問されてその答えの内容を、相談者様が理解し易い答え方をしているか見極めて下さい。

Aの回答
 小さい町の程度がわからないですが、確かに難しい部分は有ると思いますが、弊所では事前調査を行ってから調査方法を考え、依頼者様に了解を頂いてから本調査に入ります。

Bの回答
 契約時にどうするか明記します。
ご依頼者様が必要以上に対象者を問い詰めたりすると、対象者も警戒が強くなり調査が困難になる場合が高いのでご注意下さい。

文面からの推測ですが対象者を問い詰める事をされて、対象者が警戒している可能性があるとの事なので、事前調査を含め、かなり慎重に調査してから本調査に入る必要があり、依頼者様と綿密な調査計画の必要があると考えます。
料金に関しては、着手金にて調査を開始し弊所のミスが明白である場合は成功報酬は頂きません。
着手金の返還は致しかねます。

上記の様な内容をご了承頂ければ契約書に明記して契約書を作成致します。

弊所はご依頼者様又はご相談者様との信頼関係が構築出来ない事の無いようご納得頂けるまで打ち合わせやお話しさせて頂く様に心掛けております。

専門家みや探偵調査事務所  投稿者居住地 愛知県  パソコン  投稿日:2012/12/22 5:20

@ 調査会社の能力・信用度の見極めについて

まず基本的な事項として、以下の点は容易にチェックすることができます。

(1) 公安委員会届出の正規業者であるかどうか

 探偵業者は都道府県公安委員会への届出が義務付けられており、各事業者は営業所ごとに届出番号を附されているので、Webサイト等で確認してみてください。無届業者である場合は論外です。
 また、営業所内の見える位置に「探偵業届出証明書」の原本を掲げておくことが義務付けられているため、営業所へ赴いた際は、是非確認してみてください。もし掲げられていない場合は、直ちに悪質と見なすことは出来ませんが、少なくとも法令遵守に対する意識が甘いと言わざるを得ません。


(2) 接客可能な営業所を有しているかどうか

 この点も判断材料の一つの指標にはなるかと思います。
 公安委員会によっては営業所整備に関する審査が甘い都道府県も多く(特に大都市圏を含まない地域)、営業所が届出名目上の所在地として存在しているのみで、実際には接客できるような営業所になっておらず、依頼者様との相談打合せ・契約・報告は全て外の喫茶店等で行うというケースが多々見受けられます。この点のみで“悪い”と判断すべきではありませんが、他人に聞かれたくない相談をするという性質上、安心して話せるスペースの選択余地を与えないことは、事業運営に対する責任感、収益状況にやや疑問符を感じる部分ではあります。
 この場合は、理由を確認してみると良いかもしれません。


(3) 契約書面等の整備がなされているかどうか

 調査会社とのトラブル原因の多くは、契約時に調査条件や費用に関する説明が不十分で、特に結果が満足に出ない場合や延長等によるコストアップなど、契約時に本来確認合意がなされているべき内容が甘い点にあります。
 十分に時間を割いて特に料金面や秘密保持等において不明点がなくなる程度にまでしっかり説明してくれる業者を選択することが後のトラブルを回避することに繋がります。
 また届出営業所以外で契約を行う場合には、消費者契約法に基づくクーリングオフ規定の適用条項が盛り込まれ、適切に説明を受けているかどうかという点も法令遵守の観点から調査会社の姿勢を判断する材料になります。


次に調査会社の能力や信用度に直結するポイントに関して。

(1) 有能な弁護士と繋がりがあり、アフターフォロー体制が充実しているかどうか

 使える証拠を収集できる調査会社は、弁護士等からも信頼され、協力的関係を構築した上で依頼者様の最終的な問題解決を見据えて証拠収集業務を行います。
 使えない証拠や違法手段により得られたことが明らかな証拠などを平気で出すような調査会社は、弁護士等から好まれず、当然信頼関係を築けるはずがありません。
 紹介できる弁護士等を有していない調査会社は、上記のような会社であるか、もしくは現時点でまだ実績・人脈が浅い会社である可能性が高いと言えるかもしれません。


(2) 法的知識・実際の裁判事情に関する知見を有しているかどうか

 調査会社であるからとはいえ、依頼者様の抱える問題の解決プロセスの一端を担っているからには、最低限の法律知識や裁判実情の知見を有していることが優良な調査会社の要素かと思います。
 証拠の中には、裁判では有効とされないものや、出す事によって逆に相手側から名誉棄損等で反論の余地を与えてしまうリスクを含んだものも存在し、訴訟を起こされてから「知らなかった」では決して済まされません。
 例えば、明らかに住居侵入して撮影した証拠を、リスクの説明も無しに「どうだ!」と言わんばかりに報告書に載せてくるような調査会社は、仮にも「依頼者様の立場を考えた会社」であるとは言えません。


(3) 調査員に対する指導が徹底されているかどうか

 実際に調査を行うのは現場の調査員です。
 守秘義務を含め、「依頼者様を守る」というスタンスが、現場の一調査員にまで徹底されているかどうかは、非常に重要なポイントです。
 例えば調査中、警戒する対象者に怪しまれ、問い詰められるような状況が発生した場合に、依頼者様を守る意識を優先する調査員は、上手く話を巻いて切り抜けますが、自己の安全を優先する調査員は、調査や依頼者様の情報をバラしてしまったり、ひどい場合には対象者に撮影データを渡してしまったなどというケースも聞きます。
 このような調査会社としての運営スタンスや教育の徹底状況を相談時にあらかじめ確認しておくのも一つの手かもしれません。


他にも多様な見極めポイントがありますが、これ一つ確認すれば問題ないというような指標は残念ながらありません。上記に挙げるような複数の視点で確認されることをお勧め致します。



A 小さな町における調査の難易度について

 地域の人の繋がりが深い町や、地元民以外の人がいるだけで目立つような場所、住民以外の車両がほとんど通らないような場所が調査場所である場合は、難易度は高くなると言えます。そのような場所で長時間張込みをしていれば、高い確率で通報されたり、近隣住民の間で噂が広まることは十分に考えられます。万一、知人を介して対象者に情報が伝われば、調査の続行さえ危ぶまれる恐れがあります。最低限、調査地域周辺の空気(地理、風習、人の繋がり、近隣の目)を敏感に察知できる程度の感覚を有した調査会社を選ぶ必要はあるかと思います。
 調査方法は1つだけではなく、目的の結果を得る為に様々なアプローチ方法が存在します。依頼者様のもつ情報を共有し、様々な角度から問題解決に向けた方法を一緒に模索してくれる調査会社であれば信頼がおけるかと思います。



B 調査発覚時の対応について

 各社の方針による部分かと思います。
 参考意見として、発覚時の状況やその後の調査継続可否によって、対応は変わるかと思いますが、例えば、調査会社の一方的な過失により発覚し、以降の調査が継続不可能な状況に陥った場合などは、全額返金に応じる調査会社が良心的と言えるかと思います。
 但し、発覚以前に重要証拠が得られている場合はこの限りではありません。
 また、発覚後、期間を置いて調査継続が可能である場合は、無償で再調査に応じるという形も信頼回復や責任取りに努めるという点で良心的な会社かと思います。



以上、簡単な意見ですが、ご参考になればと思います。

専門家福島県 あかつか探偵事務所  投稿者居住地 福島県  パソコン  投稿日:2012/12/22 9:29

この度は「探偵Mナビ」への御相談ありがとうございます。

福島県の「あかつか探偵事務所」と申します。
御質問頂きました件につきまして、

@調査会社の見極めにつきましては他の探偵社様が回答されているように、
やはり人間として信用できるかどうかに尽きると思います。
実際に面談してみて、会話をしてみてその探偵社が信用できるかどうか?
メールでの相談→返答だけでなく、少なくとも電話で話してみて
人間としての感覚を感じ取って信用できるかどうか判断されてみて下さい。
(依頼者様は御客様ですので、初対面なのに御客様に敬語も使えない人物では、社会人として信用できないという事です。)
探偵社の規模や大きさ、知名度はあまり関係ないように思います。
以前、ある全国規模の探偵社に浮気調査を依頼したら2週間で200万円請求されて、その報告書には調査した町の地図やコンビニの写真が貼ってあっただけ、という被害に遭われた方も実際にいらっしゃいます。
(調査した対象者や車両はもちろん、浮気相手の写真等も一切無かったようです。)
小さな個人経営の探偵社でも親身になって調査してくれる所はたくさんあります。

A小さな町での調査、土地勘についてですが、これは弊社も福島県の田舎町ですのでよく判ります。
もちろん依頼する探偵社は土地勘のある探偵社に依頼するのが好ましいと思います。
又は、他の探偵社様が回答されているように、少し離れた土地の探偵社に依頼する場合は、現地を事前に下見してくれる探偵社が望ましいです。
田舎での尾行や張り込みはかなり難しくなります。
(普段人がいないので、夜間に道路沿いに立っているだけで通報される場合もありますね。)
このような場合は、調査しようとする対象者が車で移動する人であればその車に発信器やGPS追跡装置等を設置して行動を監視する方法が取られます。
(これなら人間が近付かなくとも対象者の行動が把握できます。)
そのような調査方法が可能な探偵社を探してみてはいかがでしょうか?

B相手にバレた場合の料金についてですが、基本的にバレるという事は過去にもございません。
もし調査している事がバレるという可能性は、調査を続けているなかで探偵社と連絡を取り合っていた携帯メールを対象者に見られた、といった場合や、契約書や領収書が見られてしまった、といった場合は考えられます。
そういった場合は調査打ち切りや中断になるかとは思いますが、そこまでの調査に要した料金は御支払い頂く事になるのが多いと思います。
(その探偵社によって様々ではあると思います。)

* は必ず入力して下さい。
 
お名前(ニックネーム) *
都道府県(任意)
内容 *
はじめての方は利用規約を確認はじめての方は利用規約を確認