探偵の給料の相場はいくら?面接時に確認したい求人の応募内容とは

探偵の給料の相場はいくら?面接時に確認したい求人の応募内容とは

探偵になりたいと志し、調査員になったものの、募集の際に目にした給与や勤務形態ではなかった、と言うことがあります。

探偵入社後にある問題とは?

  • 調査はせずビラ配りばかりだった
  • 記載してあった給与とは雲泥の差があった
  • 期待していた仕事内容では無かった
  • 入社後の勤務場所が違っていた

上記のような条件面でのトラブルを避けるため、今回は探偵事務所の調査員になる前に、探偵志望の方が面接時に確認しておきたいポイントを解説します。
また、一般的な調査員の給与相場について詳しくご紹介していきます。

探偵になりたい、探偵事務所の面接を控えている、という方は本記事をぜひ参考にしてみてください。

探偵調査員の勤務形態と給与相場

まずは、探偵事務所の調査員としてどのような勤務形態があるのか、と給与の相場を確認しておきましょう。

1. アルバイト

探偵事務所にアルバイトとして入社した場合、大体が時給で支払われることが多いようです。

全国各地で条件を調べたところ、一時間1,000円からの募集がほとんどです。

未経験者の場合、まずはこういったアルバイトとして経験を積み、研修をしてその後正式に入社する、というパターンも多いようです。
勤務時間のほか、会社のシステムや決まりで、残業してしまった場合の賃金についてはしっかり雇用契約書などを確認し、わからないことは質問しましょう。

2. 正社員

探偵事務所の正社員の月給は、経験者か否か、によって変わってきます。おもに、初任給は19万円~20万円程度になることが多いようです。

インセンティブがつくか、残業代がどのような仕組みになっているのか、によって月給は大きく前後するため、入社前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

3. 開業して探偵事務所の代表

探偵になりたいと考えている方の多くが、将来の独立開業を視野に入れていることでしょう。
独立開業したらどれくらいの収入になるのか、については相場で表すことはほぼ不可能です。

なぜなら経営者になるわけですから、中小企業の社長の平均月収は?という問いがなりたたないのと同様に、差がありすぎるからです。

数百万円の利益を得ることもあれば、カツカツの事務所もあります。
収入の差は、探偵としての能力だけではなく、広報する能力、マーケティングの能力などにもかかわってきます。

探偵事務所の面接を受ける際に確認しておきたいこと

次に、探偵事務所の面接を受ける際に確認しておきたいことをチェックしておきましょう。

1. 試用期間の有無

探偵事務所によっては試用期間があるところとないところがあります。

試用期間がどれくらいなのか、その間の給与はどうなるのか、について確認しておきましょう。

なお、余談ですが、試用期間だからといって簡単に首を切れるというのは間違いです。試用期間中に不合理な理由で解雇を告げられた場合、弁護士に相談しましょう

2. 就職後の仕事内容

就職したあと、どのような仕事を任せてもらえるのか、はしっかり確認しておくべきところです。

調査員として活躍したいのに、事務仕事ばかり回されてしまっては、残念ですよね

現場に出て経験を積むことができるのか、具体的にどのような仕事が任せてもらえるのか、は必ず聞いておきたいところです。

3. 勤務場所

勤務場所についても確認しておきましょう。

探偵という仕事柄、早朝や深夜の出勤も考えられますから、あまりにも不便な場所に勤務する必要がある場合は、就職を考え直す必要があります

4. 教育環境

未経験で入社する場合には、教育環境はどのようになっているのか、を確認しておきましょう。

新人教育に力を入れている会社もあれば、すべてはOJTで、先輩の仕事を見て覚える、という方式のところもあります。自分にあった環境を用意してくれているところに入社しましょう

5. バイトの場合、勤務の頻度

アルバイト入社の場合、どれくらいシフトを入れてもらえるのか、を確認しておきましょう。

6. 終電がなくなった場合の就寝場所

探偵という仕事上、終電後も仕事を続けなくてはならない可能性があります。

そういった場合寝る場所はどうなるのか、給与はどうなるのか、残業代は出るのか、などは聞きにくいかもしれませんが、確認しておいた方が、納得して入社することができるでしょう。

7. 転勤の有無

転勤の有無についても確認しておきましょう。

8. 独立支援の有無

探偵事務所によっては、社員の独立を支援しているところもあります。

そういった点についても確認しておくとよりよいでしょう。

さいごに

探偵というと特殊な職業で、ブラックなイメージを持っている方も少なくないかもしれません。
しかし、探偵も他の職業と同様、働く際の条件や環境についてしっかり吟味して、自分の納得いく就職先を選ぶことができます。

探偵として働きたいと考えている方は、ここでご紹介したことを参考に、職場として自分の一番納得できる探偵事務所を選んでください。

この記事に関連するページ

関連記事

おすすめ記事

  1. 子供が家出した時に、親がとりたいベストな行動とは? 大切な子供が突然家出してしまうと、親と…
  2. コンセント・延長コード型の盗聴器を簡単に見分ける方法 インターネットが普及して、ネット上で…
  3. 探偵に求められる守秘義務とは?守秘義務が徹底した探偵の探し方 探偵に調査を依頼したいと思っ…
  4. 効果的な浮気の謝罪方法とは?浮気を許してもらう行動 あなたはパートナーの浮気が発覚したら、…
  5. 浮気が少ない職業は?浮気される危険が少ない仕事とは 浮気をしない誠実な人と付き合いたい、そ…
  6. 盗聴アプリとは?盗聴アプリの見つけ方 従来の盗聴器といえば、小さな黒い箱のような見た目のも…
  7. 盗聴器の発見方法まとめ!盗聴器は誰でも簡単に見つけられる? 盗聴されている危険を身近に感じ…
  8. 盗聴と傍受の違い|盗聴器の傍受は犯罪? 無線通信を傍受し、他人の会話や、業務無線を聞いたり…
  9. 車内のどこに盗聴器は設置される?車で盗聴器が多く仕掛けられる場所 盗聴の危険を感じる場所は…
  10. 浮気の証拠を有効活用!探偵が撮影した浮気の証拠の上手な使い方 浮気の証拠、というとどういっ…
ページ上部へ戻る