浮気調査の結果報告までの日数や期間、最短で結果はいつわかる?

浮気調査の結果がわかるまでの期間は?最短で結果はいつわかる?

浮気調査を依頼しようと思ったときに、どれくらいの期間で結果がわかるのか気になる人も多いと思います。

そこで今回は、平均的な調査期間をお伝えしながら、調査期間が長引いてしまう理由や調査期間を短縮するためのポイントを解説していきたいと思います。

浮気調査の結果がわかるまでの平均的な期間は?

浮気調査にかかる平均的な期間は、1週間から1ヶ月ほどだと言われています。

しかし、人によって調査期間は大きく異なり、数日で結果が分かる場合もあれば3ヶ月以上かかってしまうこともあります。

なぜ、人によってここまで浮気調査の期間に違いが出てくるのかというと、依頼者の事情や浮気の内容によって調査の仕方が大きく変わってくるからです
特に調査期間に影響を与える要素が、浮気調査をする目的です。

目的によって浮気調査の期間は変わってくる?


浮気調査をする目的は「浮気の事実を確かめるため」と「裁判で有効な浮気の証拠を手に入れるため」の2つに分かれます。

それぞれの目的によって浮気調査の期間を大きく変わってきます。

浮気の事実を確かめるため

浮気の事実を確かめることが目的であれば、比較的調査は早く済むケースが多いです。

1つでも浮気の証拠を見つけることができれば十分だからです。
浮気調査の期間はだいたい1週間、早ければ1日で終わることもあります。

裁判で有効な浮気の証拠を手に入れるため

慰謝料請求をするために、裁判で有効な証拠を手に入れる必要がある場合では調査期間は長くなりやすいです。

最短で1~2週間で結果が出ることもありますが、基本的には1ヶ月から3ヶ月程度の期間が必要だと思っておく方が良いでしょう。

離婚理由が不貞行為であることを裁判で認められるためには、複数の証拠が必要だからです。

不貞行為とは「性的裏切り行為の存在」が前提とされるという解釈もあるので、1度きりの浮気では不貞行為としてみなされない場合があります。

「魔が差して一度だけ関係を持ってしまった」と言い逃れされてしまうと、慰謝料どころか離婚請求そのものが通らない可能性もあります。
そのため、確実に慰謝料を請求するためには、配偶者が複数回に渡って浮気をしていた事実を証明しなければいけません。

言い逃れのできない証拠を複数集めるためには調査回数が増えてしまうので、どうしても調査期間が長くなってしまいます

浮気調査が長引いてしまう理由とは?

特に浮気調査が長引いてしまうケースでは、浮気調査の目的に加えて次のような理由が考えられます。

浮気調査の難易度が高い

同じ浮気の調査でも、ケースによってその難易度は異なります。
難しい浮気調査だと、それだけ調査期間が長くなりやすくなります。

難易度の高い浮気調査とは、「浮気相手との接触が少ない」「調査対象に警戒されている」といったケースです。

浮気相手と会う回数が少ないと、それだけ証拠を掴むチャンスが減ってしまいます。

例えば遠距離での浮気だと、浮気相手と会う頻度が月に1度あるかどうかといったケースも珍しくありません。
そういった場合に、複数の証拠を集めようと思うと浮気調査に3ヶ月以上かかってしまうこともあります

また調査対象に警戒されているようなケースでは調査が困難な場合もあります。
相手に浮気を疑われている自覚がある場合、調査がバレてしまう可能性が一気に高まるからです。

例えば、依頼する前に浮気をしていないか問い詰めてしまっている場合や、調査対象の職業が弁護士などの法的知識がある仕事だと警戒心が強くなりやすいです。
そのような場合は、より慎重に調査を行わければいけないので、調査期間が長引いてしまいます。

浮気の事前情報がほとんどない

事前情報が少ないほど、浮気調査の期間は長引きやすいです。

情報がほとんどない依頼では、浮気相手と「いつ」「どこで」会っているのかを調べるところから始めなければいけません。
そのため、浮気現場を押さえるまでに時間がかかってしまいます。

特に浮気相手と会う頻度が少ない場合は、事前情報なしでは証拠を掴むことが難しくなってしまいます

調査期間を短くするためのポイントは?


少しでも調査期間を短くしたいのであれば、パートナーの行動パターンを細かくチェックしておきましょう。

浮気相手と会っている時間や場所を絞り込むことができれば、ピンポイントで浮気調査を依頼することができるので、それだけ期間を短縮することができます。

完全に絞り込むことができなくても、日頃の行動パターンから怪しいと思われる日を中心に調査してもらうこともできます。
特定の曜日だけ残業が多かったり急に飲み会が増えたという場合その日に浮気相手と会っている可能性が高いです。

そういった情報は浮気調査の有力なヒントとなるので、パートナーの行動はできるだけ記録に残すようにしましょう。

まとめ

浮気調査の期間について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
平均的には1週間から1ヶ月程度ですが、実際にはケースによってかかる期間は様々です。

もし、自分の場合はどれくらいの期間がかかるのか知りたいのであれば、無料相談を行っている探偵事務所に1度足を運んでみてください。
浮気調査の目的や現状を伝えることで、調査に必要な期間や費用の目安を教えてくれるので、まずは相談してみると良いでしょう。

この記事に関連するページ

関連記事

おすすめ記事

  1. 浮気はどこから?男女が考える浮気の境界線の意外な違い みなさんは、どこからが浮気だと思いま…
  2. 子供が家出した時に、親がとりたいベストな行動とは? 大切な子供が突然家出してしまうと、親と…
  3. コンセント・延長コード型の盗聴器を簡単に見分ける方法 インターネットが普及して、ネット上で…
  4. 探偵に求められる守秘義務とは?守秘義務が徹底した探偵の探し方 探偵に調査を依頼したいと思っ…
  5. 効果的な浮気の謝罪方法とは?浮気を許してもらう行動 あなたはパートナーの浮気が発覚したら、…
  6. 浮気が少ない職業は?浮気される危険が少ない仕事とは 浮気をしない誠実な人と付き合いたい、そ…
  7. 盗聴アプリとは?盗聴アプリの見つけ方 従来の盗聴器といえば、小さな黒い箱のような見た目のも…
  8. 盗聴器の発見方法まとめ!盗聴器は誰でも簡単に見つけられる? 盗聴されている危険を身近に感じ…
  9. 盗聴と傍受の違い|盗聴器の傍受は犯罪? 無線通信を傍受し、他人の会話や、業務無線を聞いたり…
  10. 車内のどこに盗聴器は設置される?車で盗聴器が多く仕掛けられる場所 盗聴の危険を感じる場所は…
ページ上部へ戻る