興信所と探偵の違いは?費用やどこまで調査ができるか解説

興信所と探偵の違いは?費用やどこまで調査ができるか解説

探偵と興信所の違いとは?

皆さんは興信所や探偵に何か調査を依頼しようと思ったことはありますか?
その際、興信所と探偵の違いがはっきりと分からないため、どちらに相談すればいいのか分からない、という場合も多いでしょう。
ここでは探偵と興信所の違いやどこまで調査できるのかをご紹介したいと思います。

探偵と興信所の違い

探偵と興信所は調査項目により調査方法や技術が違うと言われています。
根本的にどちらも調査という概念は同じであっても、調査の対象や調査の目的が違っているため、調査項目や技術に違いがあるわけですね。
ひと昔前までは探偵は素行調査や浮気調査、所在調査など個人向けの調査が多かったようで、基本的に対象者の行動の調査や情報収集が主な業務でした。
探偵の調査方法を外観型調査手法と言い、張り込みや尾行、聞き込みなどを中心に調査を行っていきます。
どれも基本的に対象者に身分や見た目など気づかれないように、秘密で調査を進めていきます。

いっぽうで、興信所はそもそも信用を興すという意味であり、企業や個人についての調査が中心の業務となります。
興信所の調査方法を内観型調査手法と言って対象者に直接、電話などで聞き込み調査を行っていきます。
場合によっては相手に名刺を渡して身分を明らかにし調査を行う場合もあるようで、相手に調査していることを知らせつつ情報を集めることもあるようです。
つまり、探偵と興信所の違いとは。
探偵は人間に対する調査でほとんどのお客様は個人であり、興信所は主に企業に対する調査を行っており、お客様のほとんどが企業ということになります。

探偵はどこまで調査できるか

まず、探偵が行う主な業務は不倫調査や浮気調査、人探しや素行調査、信用調査などがあります。
特に探偵の業務として知られているものに男女関係に関する調査が多いようです。
なお、浮気や不倫についての調査が探偵の業務の6~7割程度と言われており、この点が興信所の業務との大きな違いです。

また、探偵は結婚前に相手の素性や素行を調べて欲しい・・などの依頼を受けることも多いです。
さらに、身辺調査については男女関係以外での依頼を受けることも多く、たとえば、行方不明になった人を探したり、幼馴染や昔好きだった人を探したり、生き別れになってしまった家族を探したりなどの依頼についても対応可能です。

興信所はどこまで調査できるか

いっぽうで、個人や企業の信所の主な業務に雇用調査、信用調査などが挙げられます。
そういった意味で、歴史の古い興信所は独自のノウハウがあり、調査能力が高いと考えてよさそうです。

なお、興信所は金融機関など企業からの依頼も多く長期契約を結び、取引先の信用調査などを行っている場合もあります。
興信所ではこのように、信用調査や雇用調査を行っているため、こういった依頼をするのに適しています。

元々興信所だった探偵事務所も同じことが言えるようです。

優良な探偵事務所や興信所を選ぶには

さて、何かトラブルが起きた時に探偵や興信所に依頼したいとなっても、選ぶポイントが分からないと困ります。
どういったところにポイントを置いて探偵や興信所を選べばいいのでしょうか?
個人で探偵や興信所に依頼する機会は一生に一度あるかないかという程度でしょうから、選ぶ際には慎重に選んでください。
探偵事務所や興信所を選ぶポイントとしては

  • 事務所がきちんと存在するか、事務所で相談するのを嫌がらないか
  • 契約書をきちんと交わし、契約書以外に発生する金額がないか
  • 管轄の地域の公安委員会に届け出が

などがあります。
こういった点に注意して業者選びをするようにしましょう。

依頼者との連絡がこまめ

これは探偵や興信所に関わらず言えることですが、依頼する側との連絡がこまめであることが大前提です。
悪徳な業者の中には依頼者の言うことを聞かず勝手に調査し、請求してくるところがあります。

優れた業者であればそういったことはしないでしょう。
こまめに連絡を取り、調査に進展がなければ今日の調査を終わりますと連絡してくれます。

つまり、優れた探偵や興信所ならむだな時間稼ぎをして料金をつり上げようとはしないはずです。
また、優れた探偵や興信所は報告、連絡、相談をきちんと行い、依頼者とのコミュニケーションを大切にします。

まとめ

一言で調査と言っても、依頼側と調査会社との信頼関係で成り立つものです。
そのため、こちらの相談を親身になって聞いてくれ問題を解決するために誠心誠意調査を行って、調査結果を踏まえた上で最善のアドバイスを行ってくれる業者が理想です。

少しでも不安があるならじっくりと検討するようにしましょう。
この探偵や興信所に依頼したいと思う業者が見つかるまで、いくつかの業者に問い合わせることも必要です。

もし、今後探偵事務所か興信所どちらに依頼すればいいのか迷った時はここでご紹介したことを思い出してください。

この記事に関連するページ

関連記事

おすすめ記事

  1. 子供が家出した時に、親がとりたいベストな行動とは? 大切な子供が突然家出してしまうと、親と…
  2. コンセント・延長コード型の盗聴器を簡単に見分ける方法 インターネットが普及して、ネット上で…
  3. 探偵に求められる守秘義務とは?守秘義務が徹底した探偵の探し方 探偵に調査を依頼したいと思っ…
  4. 効果的な浮気の謝罪方法とは?浮気を許してもらう行動 あなたはパートナーの浮気が発覚したら、…
  5. 浮気が少ない職業は?浮気される危険が少ない仕事とは 浮気をしない誠実な人と付き合いたい、そ…
  6. 盗聴アプリとは?盗聴アプリの見つけ方 従来の盗聴器といえば、小さな黒い箱のような見た目のも…
  7. 盗聴器の発見方法まとめ!盗聴器は誰でも簡単に見つけられる? 盗聴されている危険を身近に感じ…
  8. 盗聴と傍受の違い|盗聴器の傍受は犯罪? 無線通信を傍受し、他人の会話や、業務無線を聞いたり…
  9. 車内のどこに盗聴器は設置される?車で盗聴器が多く仕掛けられる場所 盗聴の危険を感じる場所は…
  10. 浮気の証拠を有効活用!探偵が撮影した浮気の証拠の上手な使い方 浮気の証拠、というとどういっ…
ページ上部へ戻る