浮気によって失うものとは?不倫の代償9個

浮気によって失うものとは?不倫の代償9個

浮気や不倫が、倫理的に正しいものだと考えている人は少ないでしょう。
ですが、浮気や不倫は日常的に行われています。それはなぜでしょうか?

それは、浮気や不倫は刺激的で、精神を高揚させてくれるものだからであり、人の気持ちは移ろいやすいものだからです。
普通に生きていたら浮気や不倫の誘惑にさらされることは、誰にでも起こり得ます。

大切なのは、その誘惑にさらされたときに、誘惑に乗ってしまうのか、しまわないのか、ということです。

誘惑にのってしまったら、めくるめく快感や刺激、これだと思える愛情を掴みとれるかもしれません。
ですが同時に、多くのものを失ってしまう危険性もあります。(その危険性が高いがゆえに、浮気・不倫には背徳感があり、より刺激的に感じられるという構造もあります)今回は、浮気や不倫によって支払う可能性のある代償について紹介していきます。

こういった代償を支払ってまで、浮気や不倫をしたいのか、これを機会に考えていただければと思います。

浮気・不倫の代償として失う可能性のあるものとは?

ここでは、浮気・不倫の代償として失う可能性のあるものを9つご紹介していきます。

1. 大切な人の愛情を失う

浮気・不倫のもっとも大きい代償は、愛している人の愛情を一瞬で失ってしまう、というものです。

自分のことを性的に魅力的だと感じてくれる人はたくさんいるでしょう。
かっこいいとか美人だとか褒め称えて、ときめきを感じてくれる人もいるでしょう。

ですが、本当の意味で愛してくれる人とはなかなか出会えません。
いっときの誘惑に負けて、自分を愛してくれる唯一無二の人を失ったとき、あなたは自分が本当にバカなことをしたと嘆くはずです。
ですが、いくら嘆いても、壊れてしまった愛は、元どおりの形を取り戻すことはないのです。

2. 穏やかな生活

あなたは、穏やかで、平和で、ぬるま湯のように思えた日常生活にだるさを感じて、浮気や不倫に走ってしまったのかもしれません。
浮気や不倫がバレてしまったら、穏やかな生活は壊れます。

壊れたあとに、穏やかな日常があったから刺激を求めていたのであって、刺激だけあっても気分が休まらない、という自分の本音に気がつくことになるかもしれません。
ですが、気がついたところで後の祭りです。

3. 社会的な信用を失う

浮気や不倫にたいして、どれくらい嫌悪感を抱いているかは、人によって異なります。
多くの人は、浮気や不倫に嫌悪感を示します。

また、他人の浮気や不倫はどうでもいいという人でも、身内、配偶者、親、子供、友達などのそれに対しては、受け入れられないと考える人も多いのです。
浮気や不倫をしていたことが周囲にバレてしまったら、人としての倫理観を疑われ、社会的な信用が地に落ちてしまう可能性があります。
具体的には、友達や子供、同僚などから距離を置かれる可能性があるのです。

4. 配偶者を失う

不倫がバレた場合、配偶者から離婚を求められる可能性があります。
不倫がきっかけで配偶者を失い、将来のビジョンが消え失せてしまう危険性があるのです。

5. 慰謝料や養育費支払いのため金銭を失う

自身の浮気によって離婚する場合、配偶者から慰謝料を求められる可能性があります。
不倫の慰謝料の相場は50万~300万円です。この支払いを求められるうえ、財産分与で財産を半分もっていかれ、養育費として会うこともままならない子供に毎月送金しなければならない可能性がでてきます。

6. 子供の信用や子供との生活を失う

不倫が原因で離婚する場合、子供の信用を失い、子供の親権を相手方にとられてしまうケースがあります。
子供とのかけがえのない時間や、子供の成長を見る時間が失われてしまうかもしれないのです。

7. 家族内での立場を失う

不倫をしても離婚を求められないケースもあります。
ですが、離婚しないからといって許されたというわけではありません。

しばらくの間は家庭内で肩身の狭い思いをすることになるでしょう。

8. 昇進のチャンスを失う

職場内の不倫などがバレた場合、出世コースから外されたり、停職処分などが下される可能性があります。

9. 自由を失う

浮気を許してもらった場合でも、もう二度と浮気をさせないように、とその後行動を監視されたり、スマホを覗き見られたりする可能性があります。
また、スマホに浮気防止のGPS付きアプリを入れられて、どこにいるかをすべて把握される危険性もあります。

つまり、浮気がきっかけで自由を完全に失ってしまうというリスクがあるのです。

さいごに

ここまで、浮気・不倫の代償として失う可能性のあるものについて紹介してきました。

しかし、このように言葉で説明されたところで実感が湧かず、「そうなったらその時はその時だ」と軽く受け止めている方もいるのではないでしょうか?

確かにいざそうなった時の実感は体験しないと分かり得ないでしょう。
ですが、だからといって浮気・不倫の代償を軽くみていると、実際に自分がそのような状況に陥った時に想像以上の喪失感や絶望感に押しつぶされることになるかもしれません。

そうならない為にも、今ある日常の大切さをしっかりと認識し、浮気や不倫のリスクについてよく考えるべきでしょう。

この記事に関連するページ

関連記事

おすすめ記事

  1. 浮気はどこから?男女が考える浮気の境界線の意外な違い みなさんは、どこからが浮気だと思いま…
  2. 子供が家出した時に、親がとりたいベストな行動とは? 大切な子供が突然家出してしまうと、親と…
  3. コンセント・延長コード型の盗聴器を簡単に見分ける方法 インターネットが普及して、ネット上で…
  4. 探偵に求められる守秘義務とは?守秘義務が徹底した探偵の探し方 探偵に調査を依頼したいと思っ…
  5. 効果的な浮気の謝罪方法とは?浮気を許してもらう行動 あなたはパートナーの浮気が発覚したら、…
  6. 浮気が少ない職業は?浮気される危険が少ない仕事とは 浮気をしない誠実な人と付き合いたい、そ…
  7. 盗聴アプリとは?盗聴アプリの見つけ方 従来の盗聴器といえば、小さな黒い箱のような見た目のも…
  8. 盗聴器の発見方法まとめ!盗聴器は誰でも簡単に見つけられる? 盗聴されている危険を身近に感じ…
  9. 盗聴と傍受の違い|盗聴器の傍受は犯罪? 無線通信を傍受し、他人の会話や、業務無線を聞いたり…
  10. 車内のどこに盗聴器は設置される?車で盗聴器が多く仕掛けられる場所 盗聴の危険を感じる場所は…
ページ上部へ戻る