盗聴アプリとは?盗聴アプリの見つけ方

盗聴アプリとは?盗聴アプリの見つけ方

従来の盗聴器といえば、小さな黒い箱のような見た目のものを部屋の中に仕掛けられていたり、電話回線のモジュラージャックごとすり替えて仕掛けられるなどのものが多くありました。

しかし、最近は今まで使われてきた盗聴器以外に、スマホを盗聴器として使うケースが登場しています。

これは、スマホにアプリをインストールしてスマホ自体を盗聴器のようにして使ったり、スマホのインターネット回線を盗聴してデータを盗むといった方法です。

インターネット回線を使いスマホのデータを盗聴する方法は、技術と知識が必要なため、誰でも出来る盗聴の方法ではありません。

しかし、アプリを使った盗聴は、スマホのそのアプリをインストールすればいいだけなので、誰でも出来てしまいます。

今回は、スマホの盗聴に使われる盗聴アプリについて解説と、その盗聴アプリの見つけ方についてご紹介したいと思います。

盗聴アプリの正体とは

スマホにアプリをインストールして盗聴するアプリのことを、便宜上「盗聴アプリ」と呼びます。

この盗聴アプリは、スマホにインストールすれば誰でも使うことができ、スマホを身近に置く人が多いため盗聴ツールとして都合が良いという理由から、ここ最近は盗聴アプリの危険が高まってきています。

この盗聴アプリは、iPhoneとAndroidの両方で見つかっており、どのスマホキャリアを持っていたとしても盗聴の危険があります。

では、盗聴アプリとはどんなアプリなのか?アプリのダウンロードサイトを検索しても盗聴アプリという名前では見つからないと思います。

盗聴アプリは、そもそも盗聴のために開発されたアプリではなく、スマホのセキュリティ用に使用するアプリを盗聴に流用した物がほとんどです。

例えば、スマホが盗難にあったり、どこかに置き忘れてしまったとき、大半の人は自分のスマホを勝手に他人に使われたくないと思います。

現在、流通しているセキュリティアプリは、このような他者に自分のスマホを操作させないため、またはスマホの現在地を調べたりするために使われるアプリです。

そして、このセキュリティアプリの中には、周囲の音を拾って録音するボイスレコーダー機能を持つアプリがあります。

このボイスレコーダー機能を悪用して、スマホの周囲の音を盗聴しているケースがあります。

盗聴アプリの見つけ方とは

それでは、スマホに盗聴アプリがインストールされていないか確かめるにはどうしたらいいのか、盗聴アプリの見つけ方についてご紹介したいと思います。

iPhoneとAndroidで操作に違いがありますが、一番最初にやることは、スマホにインストールされている全てのアプリを確認します。

iPhoneの場合

iPhoneなら「設定」からインストールされているアプリを見ることができます。

また、設定内の「プライバシー」から、プライバシーに関する情報にアクセスを許可しているアプリの一覧を見ることができます。

Androidの場合

Androidなら、ホーム画面の「アプリ一覧」から確認する方法と、または設定の中から「アプリ」を選択することでインストールされているアプリの一覧を見ることができます。

実際に使っているスマホの設定画面を確認して、身に覚えの無いアプリがインストールされていないか確認してみましょう。

また、アプリのインストールを確認する方法に、iPhoneなら「App Store」内、Androidなら「Google Play」内、それぞれのアプリ購入画面で、過去にインストールしたアプリの履歴を確認することが出来ます。

ただし、アプリのインストール履歴は任意で削除することができます。

盗聴アプリをインストールした犯人が履歴を削除している可能性があり、絶対に履歴が残っているとは限りません。

盗聴アプリを探す場合、どんなアプリが盗聴アプリとして使われているのか知っておく必要があります。

例えば、

  • Cerberus
  • SpyZie(LINEを盗み見)

など

スマホをリモートコントロールするアプリは以外と沢山あります。

また、最新のリモートコントロールアプリやセキュリティアプリもあります。

これらの見慣れないアプリがスマホにインストールされていないかチェックしてみてください。

スマホの盗聴を防ぐには

ここまで盗聴アプリと、その見つけ方についてご紹介しましたが、盗聴アプリをインストールされてから調べるのではなく、盗聴を未然に防ぐことが重要になります。

近年、iPhoneでもAndroidでも指紋認証、顔認証が搭載されています。

暗証番号やパターンロックも変わらず可能ですから、推測されづらいパスワードを使用することをおすすめします。

また、使うアプリと使わないアプリの整理することも大切です。

気になったアプリを取り敢えずインストールして、一度も使わずにそのまま放置する人もいますが、アプリの管理は定期的に行って、使わないアプリはアンインストールしましょう。

そして、アプリをインストールする際にはアプリのアクセス権限にも注意が必要です。

アプリにはそれぞれアクセス権限が設定されています。そのアクセス権限に「マイク」「カメラ」が含まれていないかチェックしましょう。

盗聴アプリを自分でインストールしないため、または他人に勝手にアプリをインストールさせないためにもこれらの対策を行ってください。

この記事に関連するページ

関連記事

おすすめ記事

  1. 浮気はどこから?男女が考える浮気の境界線の意外な違い みなさんは、どこからが浮気だと思いま…
  2. 子供が家出した時に、親がとりたいベストな行動とは? 大切な子供が突然家出してしまうと、親と…
  3. コンセント・延長コード型の盗聴器を簡単に見分ける方法 インターネットが普及して、ネット上で…
  4. 探偵に求められる守秘義務とは?守秘義務が徹底した探偵の探し方 探偵に調査を依頼したいと思っ…
  5. 効果的な浮気の謝罪方法とは?浮気を許してもらう行動 あなたはパートナーの浮気が発覚したら、…
  6. 浮気が少ない職業は?浮気される危険が少ない仕事とは 浮気をしない誠実な人と付き合いたい、そ…
  7. 盗聴アプリとは?盗聴アプリの見つけ方 従来の盗聴器といえば、小さな黒い箱のような見た目のも…
  8. 盗聴器の発見方法まとめ!盗聴器は誰でも簡単に見つけられる? 盗聴されている危険を身近に感じ…
  9. 盗聴と傍受の違い|盗聴器の傍受は犯罪? 無線通信を傍受し、他人の会話や、業務無線を聞いたり…
  10. 車内のどこに盗聴器は設置される?車で盗聴器が多く仕掛けられる場所 盗聴の危険を感じる場所は…
ページ上部へ戻る